そうだったのかー。

カールおじさんで有名な「カール」が、地域限定みたいになるらしい。
そうだったのかー。。
どこでもある、どこでもいる「カール」(おじさん)って気がしてますよねー。

売上低迷によりカールは全面的に販売中止せざる得ない段階にありましたが、
長期ブランドのため継続できる手段を模索していたそうです。

そこで販売地域を絞るとなったときに、工場5つのうち4つ
(埼玉・坂戸、静岡・藤枝、大阪・高槻、山形・上山)で生産中止し、
子会社・四国明治の工場(愛媛・松山)のみで生産しながら西日本限定で販売することにしたそうです。

生産効率と生産拠点からの物流を総合的に考えた結果によるもので、
特に売れ行きが西日本に偏っていたわけではないと言いますが、

西日本でしか買えなくなるとなると、ますます食べたくなりません?東に住んでいると。
そんなことない?

私は、明日からあっちでしか買えない、なんてことになったら買いだめします。
カールが特別好きなわけではないですけどね(!)。
それにしても絶大なる人気商品ですね、カールって。

あー食べたくなってしまった。

慰謝料

ゆうこりん、といえばもう誰のことか分かると思うのですが、彼女が離婚したときに
慰謝料がなかったって話で、それも離婚を急いだからだろう、という話がありました。

離婚のきっかけは旦那さんの、なんと奥さんが妊娠中にした浮気、
しかもその相手が後輩だった、ってことなのは有名ですね。

でも慰謝料はなかった。
ここでいろいろ調べていくと、どうも我々が考える慰謝料というのは法律的な意味合いとちょっと違うみたいなんだな。
慰謝料っていうのは、財産の分割なので、
分割した結果損をするとわかったら
「慰謝料なしね」
できっぱり別れた方がいい場合もあると。

ゆうこりんの場合はこれだった可能性が高い。かしこい!
または、そんなものはどーでもいいから早く別れたいってなるのも理解できる。
なにしろ妊娠中の浮気ですからね。
慰謝料がどうとかで長引くには信条として嫌なのは充分わかる。

しかし慰謝料って女性にお得なような印象が強いけどそうでもないんだね。
離婚することにないようにしていくのが一番なんでしょうけども、
この人の場合は相手が悪かった、とでもいっておこうか。
かなりな浮気性な人だったみたいじゃないですか。
そういう人は早く分かれてよかったんじゃないかなー。
お子さんはいますけどね。

元気が出る歌

元気を出してもらいたい人がいたり、自分が元気になりたいなって時に聞きたい歌、ありますよね。
今はユーチューブですぐに聞けます。

「どんなときも」槇原さんの、、これは定番ではないかな。

「どんなときも どんなときも

迷い探し続ける日々が

答えになること 僕は知ってるから」・・・・あ、こういうのって書いちゃダメなのかな?


でもここまでにして、この歌は本当に元気が出ます。
迷ったり、悩んだりしている時は、暗いトンネルの中にいるようで、どうしていいか分からないこともあります。
暗中模索して、進んだ先に、きっと自分らしい生き方や生活が見つかるのだと信じていたいですね。

SMAPの歌も。

それからドリカムの歌。好きですねー、あの歌。
ザードの「負けないで」も。
こういう、好きな歌、元気が出る歌の定番があると、嬉しいものです。
元気になりたかったら謳うか聞けばいいのだし。
下ばっかり向いててもしょうがない、頑張って元気になろうね!

叱らない親

今の親は子供に甘いらしい。
叱らない、という子育てをしてるというよりは、何が悪いのか親の方が分かってない。

叱る中身に自信がないから叱らない、らしい?

現在の母親が子供の頃、つまり'70の豊かさの実現以前は、
私権という統合軸が明確に存在したため、親は私権獲得のため、
「勉強しなさい」等「~しなさい」「~してはいけない」
と自信満々に子供に叱れた。
子供もその必要性や目的を問うこともなく、言われたとおりに従っていた。

私権原理から共認原理に大転換した現在では、
親は自分自身の子供の頃とダブらせて、子供を叱ってみるものの、思う通りにならない。
逆に子供から「何で勉強しないといけないの」と聞かれても全く答えられない。

自分の子供がいけないことをしても
怒るのは別の子供。

うちの子に限って、とまっこうから子供を見ない。
あなたの子はそんな立派じゃありませんよ。

なんだか怒りがあらわになってしまい申し訳ない。

とにかく、いけないことをしたら叱りましょうよ。ね!

オフィシャルサイト

芸能人のブログにはだいたい「オフィシャルなんとか」ってタイトルがついてます。
オフィシャルじゃないものってなんだろう。
とにかくついてて、あれって事務所も絡んでいますよ、ってことなんだろうか?
でもよく炎上もするよな。

今ちらっと見て見たら、とあるタレントさんのブログ、前は旦那さんの顔出してたのに
今はNGになってた、、隠してあった。
バレバレだと思うけど(笑)。
あれも突然やりだす(?)から面白い。
以前アップしたものも全部隠したんだろうか?だとしたらスタッフでしょうね、すごいあると思う。

見てはいないけど。。

さてそんな旦那さんの顔を隠したとあるタレントさんですが、実業家でもあります。
誰のことか分かった?
けっこう私は好きですが、女性からは相当叩かれてます、やっかみなのかな?
とってもきれいな方ですよ、整形の噂あるけど、もともと綺麗な人です。
ファッションが大好きですね(あ、これでバレたかな?)
そういう方面で実業家です。
旦那さんも実業家です。

オフィシャルブログ、時々見てます(笑)。
これかもご活躍、楽しみにしていますねー。

生死を分けたもの

アメリカのニューヨークでのあの事件・・・そう、9.11.
あの事件で生き残った(?)日本人がテレビで発言してました。
板倉さんって方でした。

板倉さんはタワー北棟にオフィスのあった横浜銀行に勤務していて(現在は退職)、
緊急停止したエレベーター内に閉じ込められました。
航空機が衝突したビル上層部から次第に煙が下り、
周囲に不安が広がる中、板倉さんたちはエレベーターのある異変に気付き、脱出を図ったそうです。

取材したディレクターによると、板倉さんはテロを「今も半ば信じられない」と語っていて、
ビルのセキュリティーカードを「お守り」として今も持ち歩いていることを明かしてくれたという。

それだけで助かったとも思えないけど、どうやらマニュアル通りにしなかった、というのが大きいらしいです。
マニュアルがなんだったのかはおいておくとして、
どうも「とにかく早く非難だ」というのが助かった判断になった、と。

あの現場でマニュアル通りというのもおかしいけど、とにかくそういうことらしいです。
よかったですね。
お亡くなりになられた方も大勢います、
ご冥福をお祈りします。

インドで仕入れ

インドに行った時にいろいろなものを仕入れてきて、
それを日本で売る、ということをやってる人がいますが、あれって本当にうまくいってるのかな?

そういうガイドをしてるサイトがあったので目を通していますが、
それぞれの意見を書いているので、もちろん決めるのは自分だし、
まとまりがないように感じた。

インドの商品を代わって仕入れて送ります、みたいなとこもあたくさんありました。
中国に変わる仕入れ市場としてインドの展示会、卸市場を見てみたい、
良い物があれば買い付けもしたいというインド貿易初心者向けの
インド展示会・卸市場見学仕入れアテンドツアー(合同ツアー)の参加者を募集、
なんてのもありました。

ツアーですね笑

いずれにしても関税のこととか、いろいろな苦労はあるので、やるなら覚悟しなくては、ですかね。
って、私は考えてませんよ、インドは好きだけど。

そのインドに行きたい熱がふつふつと出てます。
いつ行けるかなー、楽しみにしてます!!

お休みとらなくちゃ笑

インド行って、、、なにかを仕入れてたらおもしろいね・・・爆

元患者さんからの便り

そろそろ年賀状を考える時期が来ました。

年々出す枚数が減ってはいるものの、看護師の仕事をしていると

元患者さんから届く年賀状もあるんだよね。

数多くの患者さんとの出会いがあるからたとえ道端ですれ違っても

まったく気づかない人もいるけど中には長期入院していた子供とか

何度も会話を繰り返した患者さんなんかはどこで会ってもわかります。

入院していて、元気になって退院した子供からのお手紙とかは本当に

心が温まります。

最初は私の住所なんてわからないから病院宛で手紙が届いたりするんだけど

その後こちらからの返信の時に住所を書くと自宅に届くように...。

そういう人が何人かいて...。

そういう瞬間がやっぱりこの仕事を選んで良かった...って思えるんだよね。

近所の医師の息子

うちの子が学校の友達のことでなんだかトラブルを抱えているらしい、そのトラブルの原因は同じクラスの子らしいけど近所でも有名な医師の息子だった。医師のお宅は奥様と二人の息子さんがいる、医師が勤める市内の大きな病院ではその医師はけっこう良い腕前と評判で私もその医師には何度かお世話になったことがある。奥さんもおとなしい感じの人で、上のお兄ちゃんは今有名私立高校に通っている。そして下の弟がうちの息子と同じクラス、小学校の頃から何度かイタズラや意地悪をしていたことはあったけど中学になってもまだ何か問題を起こしているみたい。

医師や奥さんの雰囲気からは全く想像つかないくらい激しい子みたいで、学校でたまにキレることがあるらしい。奥さんといるのを見たことあるけど、そんな子には見えなかった。もしかして家でのストレスとかが溜まってて、それが学校に居るときに爆発してしまうとか?うちの息子のカバンを窓から投げたり、他の子を体育の授業中に突き飛ばしたり。かなり危険なことをしていると思うけど、中学の頃も結局それほど改善されるような感じはないままだった。もしかして医師の息子ということで、ひいきでもされているのだろうかと少し勘ぐってしまう。

そういえば最近病理医についてググってたらこんなページありました。今勉強中です。

若い看護師に優しくしよう...

私の働いている病院の看護師たちは結構仲がいい感じ。

この間久しぶりに一緒に看護学校で勉強して別々の病院で働いてる友達に会ってお互いの勤務先の様子なんかを色々話したんだけど今まで私の職場はそんなにまとまりがあるほうだとは思っていなかったのに他の病院の話を聞くとビックリ。

私がどれだけ恵まれた環境で働いているのかって思い知らされました。

新人看護師の教育が大変だってずっと思っていたけどそんなに大したことじゃないって思えるようになっちゃった。

どんなことでも自分の置かれた状況に愚痴や文句を言う前に何か改善出来る方法を前向きに考えていくことが大事なんだなって改めて考えさせられちゃいました。

これからはもう少し若い看護師の言葉にもしっかり耳を傾けてあげなきゃいけないかな...って思います。