本来の看護の職とは違ったプレッシャー

学生時代でも社会人になってからでも同じだと思うんだけど人をまとめる役の合っている人とそうでない人がいますよね。
学生時代なんかだとまだ教師という最大の味方がいるからいいかもしれないけど社会に出てからだとリーダー的存在の人にはそれ以上の味方がいませんよね...。
そういう役柄が合っている場合は全然問題ないだろうけど本来不向きな人の場合ものすごいプレッシャーと苦痛が伴ってしまいますよね...。
私は学生時代あんまり人の上に立つことが好きじゃなかったんですよね。
嫌いだっていうわけではないんだけど面倒なのが嫌だったので...。
だけど看護師になってその職場でその場をまかされてしまったら嫌だなんていえないんですよね...。
これほど重要なポジションでストレスのたまる仕事って他にあるの?なんてなりたてのころは思ってましたねぇ。
段々と慣れてきたからいいようなものの...。

このブログ記事について

このページは、まやが2012年5月17日 11:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一人前の看護師育てよう!」です。

次のブログ記事は「勉強勉強な看護師」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。