2017年5月アーカイブ

叱らない親

今の親は子供に甘いらしい。
叱らない、という子育てをしてるというよりは、何が悪いのか親の方が分かってない。

叱る中身に自信がないから叱らない、らしい?

現在の母親が子供の頃、つまり'70の豊かさの実現以前は、
私権という統合軸が明確に存在したため、親は私権獲得のため、
「勉強しなさい」等「~しなさい」「~してはいけない」
と自信満々に子供に叱れた。
子供もその必要性や目的を問うこともなく、言われたとおりに従っていた。

私権原理から共認原理に大転換した現在では、
親は自分自身の子供の頃とダブらせて、子供を叱ってみるものの、思う通りにならない。
逆に子供から「何で勉強しないといけないの」と聞かれても全く答えられない。

自分の子供がいけないことをしても
怒るのは別の子供。

うちの子に限って、とまっこうから子供を見ない。
あなたの子はそんな立派じゃありませんよ。

なんだか怒りがあらわになってしまい申し訳ない。

とにかく、いけないことをしたら叱りましょうよ。ね!

このアーカイブについて

このページには、2017年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年4月です。

次のアーカイブは2017年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。