2018年6月アーカイブ

ヘルスチェック

NHSで行われるヘルスチェックは、40際から74歳の英国の成人の健康診断で、
脳卒中や腎臓の病気を早く見つけるために行われているものです。

でも、通知が来なかったらわからない、ちゃんと来ていたらいいのですが、
引っ越しなどで住所が分からないと国も手紙が出せないか、
出しても届かない事もあるんです。

NHSは国がやっていますからね。
これで病気が見つかったケースもあるらしいのですが、多くは見逃されてしまいます、
やってる意味ないじゃないかー。
とにかく、この検診を待たずして医者に歯行くべきなのですが、
NHSの最初の医者ってどこかいい加減、ちゃんと見てくれないんですよねー。

日本ならお金さえ出せばどんな検査もしてくれますが、NHSはしてくれません。
様子見ましょう、様子みましょう、で、そのうち手遅れになるのだ。
ではどうしたらいいのか。
それはもう「プライベート」な医者に行くしかないわけです、
すなまち高額なところに。
NHSのよさって無料なことですからね。
それにしても国でこんなに違うなんて、、、どちらがいいのかもよく分からない。
無料だけでも最低限か、お金出して無駄な検査をするのか。

いえいえ、なにか見つかったらそれは無駄ではないですね、やはり何でも検査しておくべきでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2018年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年5月です。

次のアーカイブは2018年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。