社交界とは?

時々聞く「社交界」、、つまるところ、これって何?
お金持ちが集まる会?
そんな感じですね。

昔はここにアジア人はいなかったそうです、デヴィ夫人くらい?

彼女によれば、社交界というのは侯爵貴族の流れを弾いたサロン、なのだそうですが、
、、、なんだかよくわからん。

でもここは共感でした・・・「一番大事なのは、着飾ることも大事だけど、「会話」。。
会話がうまくないとたちまち嫌われてしまう」
というところ。
そうでしょうねー、綺麗なだけでは飽きられてしまう。

優雅さの堪能、とも言ってましたが、昔の貴族って時間とお金がありあまっていたから
そんなことが出来たみたい。

デヴィ夫人は(いいすぎだって噂もあるけど)成金が嫌いですね、
ホンモノを知っているからこそ言いたくなるのでしょうけど、
彼女も、もともとはお金持ちでもなんでもない、貧乏だったから、でも綺麗だっかたら倶楽部で働いて
そこでスカルノ大統領にであった(とされている)。

努力もしたでしょうけど、良まれながらの・・・ではない。

どうして彼女は英語が出来たんでしょうね?
ちょっとそこも気になります。

このブログ記事について

このページは、まやが2018年8月 1日 16:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「出張の旦那さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。