トイレットペーパーの悪夢

公共のトイレに入って、からのトイレットペーパーがあったら「やられた!」って思う。
どうして次の人のために、新しいのをつけておかないのだ。
これって家庭内でも起こり得ることで、時々、「どうして新しいのにしておかないの!」ってなることがあります。
自分は絶対にしない!
でも公のトイレだと怒る人もいない、しょうがないから自分でやるわけですし、どうってことはないのです。
でも腹がたつ。心が狭いのか。。
トイレットペーパーについては言いたいことがもっとあるけど、とにかくそういうこと。

あと少ししかない、って思ったら新しい紙をトイレ内に持っていく、とかね、家庭でならそこも配慮が必要ですよ。
一人暮らしでもするでしょ、これは、
または、一人暮らしで誰も友達も訪ねてこないのなら、買ったトイレットペーパーの袋ごとトイレに置いておけばいい?
色気ないし、狭くなるけどねーー。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12
500万の薬剤師年収
医師の転職ランキングサイト
看護師が乳児院の求人を探す

このブログ記事について

このページは、まやが2021年6月 1日 19:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「できれば傘はさしたくない」です。

次のブログ記事は「オーストリアのこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。